メディアリテラシーってなんだろう〜「学ぶ」環境を考える〜 を実施します


「メディアリテラシー」ってどういうこと?
情報端末とどうやって向き合って生きていきますか?

子どもたちがツールを使う機会は増えているものの、
メディア情報リテラシーとの向き合い方に、
大人が気づけていない現状があります。

高等学校で「情報」の授業がはじまり、
共通テストでも取り上げられることが決まっている中で、
私達はどう向き合っていけばいいのでしょうか?

“メディアリテラシーってなんだろう〜「学ぶ」環境を考える〜 を実施します” の続きを読む

「対話で学ぶ」を体験する~「常識とはなにか」 について考える~ を実施します


「対話で学ぶ」ってどういうこと?
哲学対話を体験して、感覚をつかんでみませんか?

参加者のみなさんと対話をして、
自分自身の考えを深めるワークショップ
「哲学対話」を経験してみませんか?

“「対話で学ぶ」を体験する~「常識とはなにか」 について考える~ を実施します” の続きを読む

「東洋経済education×ICT」から取材をうけました

東洋経済新報社の教育メディア「東洋経済education×ICT」から取材を受けました。

https://toyokeizai.net/articles/-/596467

『高知の教員「のざたん」が学校外に「子どもが無料で学べる場」をつくる訳〜「会いに行けるセンセイ」が語る地方の教育課題〜』というタイトルで公開されています。

野崎氏は今、会いに行けるセンセイの活動から拾い上げた、こうした地方の教育課題を解決しようと、企業経営者や大学生の有志らと共に、小中高生と大学生が無料で利用できる「高知の子どもの学びを支える場」をつくり始めている。運営母体である一般社団法人ハンズオンを共同代表として3月に立ち上げ、まずは子どもも大人も一緒に使えるコワーキングスペースの運営を4月からスタートさせた。

当法人を立ち上げた背景についても紹介されています。読んでいただければ幸いです。

クラウドファンディング達成いたしました

高知の子どもたちが学べる場を充実させていくために実施していたクラウドファンディングが目標達成いたしました。

最終的な支援総額は、696,000円となりました。いただいた資金は、子どもたちに無料で貸し出すパソコンの準備や、オンライン環境の整備、パンフレットやノベルティの作製などに充てる予定としています。貸し出し用のパソコンについては、活動を通して出会うことのできた販売代理店様と貸出機の購入について交渉を進めております。夏休みを目処に納品ができればと考えています。パンフレットやノベルティの作製についても、現在進めているところです。

クラウドファンディングでいただいた支縁から、MUSVI株式会社からテレプレゼンスシステムの「窓」を導入することができました。Kochi Startup BASEに設置した後、各所の「窓」とつないでワークショップができないかと可能性を探っているところです。

引き続き活動してまいりますので、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

https://readyfor.jp/projects/hand2-on